• ホーム
  • 【番外編】まるでテーマパーク?のような変わった家をまとめてみた

【番外編】まるでテーマパーク?のような変わった家をまとめてみた

2019年10月02日
握手している男性たち

最近では家そのものをアート作品のように、あるコンセプトを元に建築した事例が増加しており、話題になっています。
従来の居住空間としての家のあり方からすると、デザイン面で特徴があり機能面でもデザイナーのこだわりを感じることができます。
あたかもテーマパークのような雰囲気を醸し出す日本各地に建築された個性あふれる住まいのなかでも、代表的な三鷹天命反転住宅、サマンサ・マーサの魔女の家に、顔のいえなどをご紹介します。
奇抜さばかりが強調されがちですが、そこには作家の思いやコンセプトが底流に流れているのを垣間見ることができるでしょう。

三鷹天命反転住宅は東京都三鷹市大沢に所在している集合住宅です。
三鷹天命反転住宅は建築家、芸術家として名高い荒川修作氏とマドリン・ギンズ氏の共同設計による世界初の、“死なないための住宅”とのコンセプトで設計されているのが特徴です。
総数9戸と集合住宅としては小規模ですが、内装外装に14色の鮮やかな色合いを配し、各戸で色の組み合わせが全く異なることから注目を集め、東京都三鷹市のランドマーク的存在にもなっているのです。

サマンサ・マーサは当初は、ハロウィンなどの海外のイベントなどで使用されることの多いおしゃれな雑貨を日本国内に提供することをコンセプトに、平成20年に誕生したブランドです。
その後はアパートメント事業にも進出し、平成26年7月に静岡県で完成をみたのがサマンサ・マーサです。
コンセプトは魔女の家で、くすんだカラーリングと歪んだ見た目が特徴です。
一見するとテーマパークですが、実は集合住宅という意外性が話題を呼び、日本中から見学のために足を運ぶ人が後をたちません。
魔女の家をコンセプトにしたサマンサ・マーサは静岡県浜松市東区半田山に立地しています。

顔の家は京都府京都市の御所の近隣に所在しています。
顔のいえが、建築されたのは昭和49年になりますが、その外観は文字通り顔を連想させる意匠です。
京都府のなかでも指折りの閑静な住宅街の真ん中に、インパクトの強い建築物として現在でも話題を呼んでいます。

大阪府で有名なのが、小阪城です。
小阪城は大阪府東大阪市に所在していますが、城の名前が冠されているものの、実は理髪店を経営する店主が自ら資材を調達して建築したというものです。
その実態は店舗兼住宅ですが、外見はまさにミニチュアの城郭を模したかのような印象で、テレビでも取り上げられたことがあります。

関連記事
都内のTHE豪邸を一挙ご紹介!住むのも夢じゃないかも?

東京都内には一軒家でありながらも、デザインに特徴があり各種の設備が充実した知名度の高い豪邸が存在しています。いずれも一軒家でありながらデザイン性に注目があつまり、日本全国から見学目的で足しげく訪問する人が数多くいるとされているほどです。一般住居では想定できないほどの各種の設備が充実し、価格も桁外れの

2019年06月25日
【東京】高級賃貸を探すのにオススメ不動産をご紹介!

高級賃貸物件は、入居できる条件として相応の経済力や社会的信用などのステータスが事実上必須になるので、一般的な不動産業者や賃貸不動産ポータルサイトでは紹介されていない場合も珍しくありません。東京都内の高級賃貸マンションは分譲賃貸の形態に見られるように、投資用に個人資産家や外国人富裕層が保有していること

2019年07月11日
東京で子育てにイチ押しの街はココ!理由とともに解説します

東京23区はそれぞれに地域の特性があり、住人の属性にも特徴が見られます。東京で居をかまえるなら、自分のライフスタイルに最適なエリアを見つけて物件探しをすると、転居後に想定外の事実が発覚して後悔するなどの事態を回避することができるでしょう。一人暮らしではなく、家族での生活を前提にするならば子育てのしや

2019年07月26日