• ホーム
  • 都内の高級住宅街TOP3とその魅力をご紹介!

都内の高級住宅街TOP3とその魅力をご紹介!

2019年05月20日

日本の首都であり世界有数の大都市である東京都は、47都道府県のなかでは比較的小さい面積であることから、日本人の意識の中では狭い都内に稠密な人口が集中していると思いがちです。
しかし世界に冠たるパリ20区全体の面積は東京都心の7区分の面積しかありません。
やはり世界有数の大都市と言うのは誇張でもないのです。
そんな都内には日本を代表する高級住宅街が数多く広がっています。
そこで東京都内の高級住宅街の中でも特に知名度の高い、大田区田園調布、港区白金台、港区赤坂の特徴をご紹介します。

大田区田園調布は1918年に、東急電鉄の創業者渋沢栄一の構想に基づいて建設が進んだ住宅街で、当時の最先端である都市計画の知見を採り入れたとされています。
特に田園調布駅西側はロータリーを基点に道路が扇状に広がっていますが、これはパリの凱旋門に見られるエトワール方式を準拠したものと考えられています。
大田区田園調布は広々とした道路には銀杏の街路樹が影を落とし、落ちついた並木道が続いていますが、美しい街並みはグランドデザインばかりではありません。
田園調布憲章という名前の建築物に関する自治会のルールがあり、これを個々の住宅のオーナーが順守することで、美しい街並みが現在に生きているわけです。

港区白金台は、落ちついた雰囲気と都心とは思えないほどの豊かな自然が維持されている高級住宅街です。
江戸時代には諸藩の武家屋敷が多く軒を連ねたことから、高級住宅街へと発展を遂げてきました。
歴史ある記念建築物や自然公園も整備されており、江戸幕府の重臣だった大久保忠教の屋敷跡を利用した八芳園は有名です。
最近ではショッピングや食事などの洗練された生活を楽しむ、シロガネーゼなども注目を集めていますが、整然とした並木道や八芳園などの豊かな自然を求めて訪れる人もあとを絶ちません。

港区赤坂は、テレビ局などが集まりメディア地区のイメージもありますが、都内でもトップクラスの高級住宅街です。
レストランや大型の商業施設などが登場したのは都市再開発事業が展開されだしてからのことで、贅沢な高級住宅街として古来より知られてきました。
港区赤坂には皇室に縁の深い赤坂御用地が立地しているなど、いわば日本における高級住宅地の老舗的存在です。
赤坂御用地には皇室関連の建築物が集中していることから、またの名を赤坂御苑とも呼びます。
高級住宅街の老舗ともいえる地域ですが、現在でも発展を続けており、今再び注目を集めているエリアです。

関連記事
都内のTHE豪邸を一挙ご紹介!住むのも夢じゃないかも?

東京都内には一軒家でありながらも、デザインに特徴があり各種の設備が充実した知名度の高い豪邸が存在しています。いずれも一軒家でありながらデザイン性に注目があつまり、日本全国から見学目的で足しげく訪問する人が数多くいるとされているほどです。一般住居では想定できないほどの各種の設備が充実し、価格も桁外れの

2019年06月25日
【東京】高級賃貸を探すのにオススメ不動産をご紹介!

高級賃貸物件は、入居できる条件として相応の経済力や社会的信用などのステータスが事実上必須になるので、一般的な不動産業者や賃貸不動産ポータルサイトでは紹介されていない場合も珍しくありません。東京都内の高級賃貸マンションは分譲賃貸の形態に見られるように、投資用に個人資産家や外国人富裕層が保有していること

2019年07月11日
東京で子育てにイチ押しの街はココ!理由とともに解説します

東京23区はそれぞれに地域の特性があり、住人の属性にも特徴が見られます。東京で居をかまえるなら、自分のライフスタイルに最適なエリアを見つけて物件探しをすると、転居後に想定外の事実が発覚して後悔するなどの事態を回避することができるでしょう。一人暮らしではなく、家族での生活を前提にするならば子育てのしや

2019年07月26日